ヘタレでビビリの僕が一人で葬儀に行ってみた結果・・・

一人で
スポンサーリンク

会社の代表として葬儀に行くことに

先日、会社の代表としてお通夜へ行く事になりました。

僕はかしこまった場所が大の苦手です。

心は少年のまま、大人になりたくないのに、体だけが大人になってしまった感じの奴です。

葬儀での振る舞い方

あー、どうしよう。。

振る舞い方がわからない。

結婚式ならまだしも、お通夜ですよ!お通夜!

あまり気にしなくてもいいのに、超絶しっかりしなくちゃ感がでてきます。

  • 香典の書き方はどうだっけ?
  • お札の入れる向きは合ってるか
  • 通夜での挨拶はどうするんだろう?

行く前から頭の中でぐるぐる考えを巡らせます。

なぜ僕が葬儀に行くのか

そもそも、なぜ僕だけが会社の代表で行くんだよ…。(心の中で愚痴る始末)

それは僕の部下の親族が亡くなったからです。

行くの当たり前だろ!ってツッコミが入りそう…。

行きたくない訳ではないんです。本当に!

ただ、一人は心細いという事だ。

チキン野郎な僕

チキン野郎なんです。

情けな!

そんなチキンな僕は一人で会場に向かいました。

やってしまった。。。

時間ギリギリに到着した僕は最後の参列者でした。

みんな席に着いています。

や、やばい。

シーンとした中を歩いていき、親族への挨拶と、御焼香をしなくてはならない。

か、帰りたい…。

ヘタレ!

心の声が聞こえます。

葬儀場で天の声を聞いた

入口で怖気付く僕を葬儀スタッフが誘導。

て、天の声が。。神様ありがとう…。初めて神様という存在に感謝した瞬間だった。

 

葬儀スタッフ
会社の方ですか?
ヅカ
は、はい。
葬儀スタッフ
真ん中を通って、親族に挨拶と御焼香をお願いします。
ヅカ
はひ!

 

最早返事もおかしいことに…。

促されるまま祭壇の前へ。

過去の記憶を必死に掘り起こし、親族へ一礼、焼香して、親族の前へ行き、一礼。

合ってる?どう?

失礼に値してない!?

とか思いながら、誰もいない早朝の体育館のような静けさの中、無難に乗り切りました。

今思うと、焼香の後に親族へ一礼でよかったと思う。(たぶん)

参列者の視線を思いっきり感じながらも、逃げ出す事なく挨拶と焼香ができたのは、葬儀スタッフのおかげです。

感謝。マジ感謝。

今回学べた事

  • 時間ギリギリには行くな。
  • 振る舞いが分からないのに、参考にできる人達は既に着席している。
  • 流れに乗れば、前の人と同じように振舞えばいいのにそれができない。
  • 最後は視線がやばい。

一人でお通夜に行く時の参考にして欲しい。

こんなヘタレでビビリの僕でも、一人でお通夜に行けたよ!

っていう器の小さな男の話でした…。

は、恥ずいね。。

大人になりたい

こうして僕はまた一つ大人に近づいた…。

勇気を出して行って良かった。

部下の来てくれてありがとうという言葉に胸が詰まった。

親族を亡くして辛いはずなのに…。

チキンでヘタレの僕は、そういう次元の考えができていなかった。

最低な奴だ。

心の中で自分自身を激しく罵った。

そうする事で楽になれたような気がした。

まだまだ大人にはなれそうにありません。

でも、僕はこれからも色々な事を逃げ出さず、挑戦していきたい。

そしていつの日か本当の意味での大人になりたい。。。

 

スポンサーリンク

アーカイブ