【仏ヶ浦の旅前編】仏ヶ浦の雄大な景色を満喫。自然が生み出す絶景は必見!

スポンサーリンク

前から行ってみたかった仏ヶ浦。

ようやっと行ってきました。

遠いんですよねぇ。

本州最北端の大間町より遠いんですよ。

気軽に行ける場所じゃないもんで、ゴールデンウィークを利用して行ってみました。

 

仏ヶ浦への旅

ゴールデンウィークって何処行っても混んでるじゃないですか。

せっかくの連休なのに、混んでるせいで楽しめない。

普段より待ち時間が長かったりと、いい事ないんですよね。

んで、どこ行こうか?ってなった時、行ってみたかった仏ヶ浦が候補に上がりました。

いつもよりは観光客多そうだけど、位置的にそんなに人が集中しなそう。

交通の便があまりよろしくないってのが狙い目でした。

 

いざ仏ヶ浦へ

朝早く起きた僕たち(妻、息子)は、妻の作ったおにぎりと弁当を持ち込み、仏ヶ浦を目指して出発。

仏ヶ浦へのアクセスは、家から車で佐井村の津軽海峡文化館アルサスまで行き、そこから船で移動だ。

ワクワクが止まらないぜ。

チビ助も無駄に「レッツゴー!!!」と連呼し、テンション高めだ。

これが後々、仇となるのだが。。。

アルサスから仏ヶ浦までの観光船は数日前に予約しておきました。

混雑時は乗船できない場合もあるらしいので。

ちなみに船じゃなくて、階段を歩いてもいけるそうです。

子連れや年配の方には船をオススメします。

 

朝食タイム

浅虫の海釣り公園に駐車して持参したおにぎりと弁当を食べました。

いつもはコンビニで買って行くんですが、やっぱり手作りのほうが旨い。

そして気分も盛り上がります。

天気も良いし最高♪

戦略的に少な目の朝食にして出発。

北の頑固どうふ湧水亭で小休憩

仏ヶ浦までの道のりは遠いので休憩は大事です。

朝食を少なめにしたのは、ここのおからドーナツを食べるのが目的でした。

出来立てのおからドーナツが超旨いんです!

湧水亭【横浜町】のおからドーナツは激うま!出来立てのドーナツは日本一の旨さでしょう。

2017年5月8日

北を目指すなら絶対に外せないお店。

おからドーナツで身も心も満たされた僕たちは大満足。

もう帰ってもいいかな・・・って思ったよ。笑

スポンサーリンク


津軽海峡文化館アルサス到着

湧水亭での休憩により、ちょいと時間が押したためノンストップで佐井村のアルサスを目指します。

観光船の予約が14:00だったので、大間町と昼食を華麗にスルー。

おからドーナツのおかげで腹は満たされてます。

アルサス着。

画像引用元:佐井村観光協会

でかいオブジェが置いてある。

記念スタンプをゲット。

ご当地キャラは雲丹(うんたん)というらしい。。。

ここら辺では有名なのかな?

 

アルサスの3階は展望室になっています。

僕たちが乗る船を発見。

意外と小さく見えますが、定員は89名らしい。

 

サイライト号乗船

乗船は10分前。

並んで早めに乗るのをオススメします。

後部席はせんべい並みのクッションで、体育館の床を彷彿させる硬さです。

一見、見晴らしが良さそうですが、透明なビニールっぽい幌で覆われているので景色が歪んで見えます。

なので後部席はオススメしません。

もう1個アドバイス。

乗船中に流れる映像と共にスピーカーから聞こえる爆音がヤバイ。

スピーカー近くに座ったらかなりキツイですよ。

席の近くにスピーカーを発見したら移動したほういいですよ。

なんとか3列席の良いポジションをゲット。

窓から見える景色も最高♪

結構スピード出てます。

サイライト号頑張ってるな~。

 

仏ヶ浦到着

スポンサーリンク


乗船時間は約30分。

長い道のりを経てようやく仏ヶ浦まで来る事ができました。

眼前に広がる景色が凄い!

後編に続く。。。

【仏ヶ浦の旅後編】仏ヶ浦の絶景に大満足。大間のマグロは食いっぱぐれも、綺麗な夕日に心が癒されました

2017年5月21日
スポンサーリンク

アーカイブ