青森のソウルフード!イギリストーストを知ってるかい?絶妙な味だから一回食べてみて欲しい

スポンサーリンク

青森のソウルフードはこれだ!

青森県人がこよなく愛するソウルフード。

なんだと思います?

青森県人なら小さい頃から食べ続けているやつなんですよ。

種類はパン。笑

青森のソウルフードはパンなんです。

工藤パンという会社で作られている菓子パンが青森のソウルフードなのだ。

その名も「イギリストースト」!

周りに青森県出身の人がいたら聞いてみて欲しい。

「イギリストーストって知ってる?」と。

100%に近い確率で知ってると答えるはず。(もはや愚問)

そして、「旨いよ!」と若干テンションが上がる。

しかし、なぜイギリストーストという名称なのかはほとんどの人が知らない。

そんな謎の菓子パンは青森で50年もの間食べ続けられている超ロングセラー商品なのだ。

 

イギリストーストは超シンプルな作り

このイギリストーストは作りがシンプルだ。

食パンサンドの間にマーガリンとグラニュ糖が塗られているだけの何の変哲も無いパンだ。

そう、誰もが作れそうな感じ。

しかし、このシンプルな作りでありながら、家庭では出せない絶妙な仕上がりになっているのだ。

これが50年も前に既に開発されていたという事実に畏敬の念を禁じえない。

クドパンの実力ハンパない。

 

謎の菓子パン イギリストースト

見ての通りカロリーは高い。

謎の名称であり、謎の製法で作られた高カロリーな菓子パン。

そもそもトーストされていないのに堂々とイギリストーストなどと謳っている。

そんないい加減さも愛される理由だろう。

日持ちはしないが、是非青森土産として購入して欲しい。

スーパーでは安く売っている(80円~90円台)ので、旅行の最終日に大量に買い込むといいだろう。

ちなみにイギリストーストの種類は豊富だが、初めて食べるなら普通のやつを買うのをオススメする。

先ずはマーガリンとグラニュ糖の絶妙な味わいを知って欲しい。

これを知らずしてイギリストーストは語れないからだ。

食べた事があるなら季節限定物も食べてみるといいだろう。

総じてレベルは高い。

 

2017年の始まりはイギリストースト

新年一発目に食べたイギリストースト。

スペシャル版のチョコスプレー&ホイップ。

中々のスペシャル感!

ふんだんに敷き詰められたチョコスプレー。

マーガリンの代わりにホイップが塗られている。

中々の高カロリーではあるが、オリジナルのイギリストーストよりはカロリーが低い。

オリジナルのやつはカロリーがやばいと再認識させられた。

高カロリーを超越した人気のパン。

青森と言ったら「りんご」と連想しがちだが、このブログを見た後は青森と言えば「イギリストースト」と通ぶって欲しい。

青森県人は喜ぶはずだ。

なぜならソウルフードだから。

そんなイギリストーストを今年もコンスタントに食べていくぜ!

 

スポンサーリンク

アーカイブ