まさに楽園!青森県平川市に楽園があるよ!腹も満たされる熱帯魚とお食事処風の谷

スポンサーリンク

 楽園と呼ぶにふさわしい空間

青森県平川市にあるお食事と熱帯魚 風の谷へ行ってきた。

ここは飯屋だが、なぜか熱帯魚も扱っているクレイジーなお店だ。

いや、逆に熱帯魚屋なのに、飯を提供しているのかもしれない。

本業が飯屋なのか熱帯魚屋なのか、よく分からないが、楽園と呼ぶにふさわしい空間になっているのだ。

変な組み合わせであるが、手頃な価格と親しみやすい味で人気のお店だ。

そんな風の谷で昼飯を食べてきたので紹介しよう。

まずはメニューから。

 

風の谷メニュー

メニューの表紙に熱帯魚の記載があるが、食べることはできない…。残念ながら。

見ての通り、結構良心的な値段だ。

特に麺類の値段が安い!

この価格も人気の理由なのだろう。

定食からラーメン、デザートまで網羅している。(さすが楽園)

土日にミニチャーハンが頼めないというSっぷりも憎い。

そして店内はかなり広い。

席数が多いので、混んでても座れなかった事は今まで一度もない。一度もだ。

座敷もあるので、子連れにもおすすめのお店だ。

料理を待つ間は熱帯魚や、金魚を見て楽しむこともできる。

 

熱帯魚や金魚が沢山

チビ助もこの食い付きよう。

とにかく水槽の数が多い!

まさに楽園。

魚の他に亀までいる。

なぜかみんな壁の方を向いている(笑)

恥ずかしがり屋のお亀さんめ。

そして店内には漫画本も置いてある。

なかなかの好条件が揃った定食屋だ。

やはり楽園。

大人から子供までまで楽しむことができるお店だ。

一点だけ個人的に残念なところがある。

店内は喫煙可なのだ。

タバコを吸わない僕は、そこだけ残念に思う。

愛煙家からすると嬉しいのであろう。

まあ、それを差し置いてもおすすめのお店だ。

 

ナウシカラーメン

今回注文したのは、ナウシカラーメン大盛、味噌ラーメン、醤油ラーメンの3つだ。

ナウシカラーメンとは、生姜とニンニクが効いたひき肉と、うずらの卵が入ったラーメンだ。

そう、これがナウシカラーメンだ!

青森では、ひき肉をナウと呼び、うずらの卵をシカという。(大嘘)

ズバリ、ナウシカラーメンだ。

容易に想像できる。

決してジブリのアレではないだろう事は明白だ。

きっとそうだろう…。

このナウシカラーメンは細いちぢれ麺が特徴だ。

この麺が醤油ベースのスープによく馴染む。

ほんのり生姜とニンニクが効いたひき肉とよくマッチしているのだ。

旨い!旨いぞ!

メンマとワカメ、ネギまでスープとマッチしていてクッソ旨い!

僕はちぢれ麺が大好きなのだ。

そしてここの麺はかなりのちぢれっぷりだ。

チヂレストも納得のちぢれ麺。

かなりおすすめのラーメンなので、食べたことがない人は是非食べてみてほしい。

特にナウ(ひき肉)が絶妙だ。

 

一番人気の味噌ラーメン

続いては味噌ラーメンの紹介だ。

この店で一番人気なのが味噌ラーメンだ。

生姜が効いたスープが旨い。

麺は見えないが太麺だ。

フトレストも納得の太麺だ…。

この味噌ラーメン、中ミソに似た感じと言えば想像しやすいだろうか。

中ミソとは中三の味噌ラーメンの事

津軽人なら中ミソを知らぬ者は居ないほど有名

一番人気なので、食べてみると良いだろう。

食べログでも概ね高評価だ。

 

醤油ラーメンはコスパが高い

醤油ラーメンも、普通に旨い。

なんと言っても安い。

ワンコイン(500円)で食べれるのだ。

チャーシューも2枚入っている。

写真は撮ってない…。

紹介が雑になってきたが、全体的におすすめできるお店だ。

この楽園、一度行ったら何回も行きたくなる。

なんでか分からないが、この不思議な空間が醸し出す雰囲気に自然とファンになるのだろう。

リピーターが多いと思われる風の谷。

楽園を探している方は是非!

 

おまけ

チビ助が「お化けいる~!」

「ねぇ、見て見て~」と言うので何の事かと思ったけど、アンパンマンのホラーマンをお化けと言っている事が判明。笑

骸骨(ホラーマン)をお化けと認識しているようだ。

水槽まで結構な距離があったのに、ちゃんと見えているのに驚いた。

アフリカ人並みの視力かな?

 

お食事と熱帯魚 風の谷

住所

青森県平川市上扇田16-10

営業時間(平日)

月~金 11:00~14:30/17:00~21:00

営業時間(土、日、祝日)

11:00~21:00

ラストオーダー20:45

熱帯魚とお食事の店 風の谷【食べログ】

スポンサーリンク

アーカイブ