衝撃!ミニマリストが気になって本読んでみたけど、予想の斜め上だった・・・

ミニマリスト
スポンサーリンク

ミニマリストとは

ミニマリストなる言葉を聞くようになって大分たつけど、その実態がいまいち分かっていなかった。

そう、僕はミニマリストという響きだけに憧れを抱いていたのかもしれない。

ミニマリストのイメージ

  • なんとなくカッコイイ
  • なんとなくオシャレ
  • たぶん草食系

僕の周りにはミニマリストがいないため、「なんとなく」とか「たぶん」とかそんなイメージしかなかった。

ちょっと憧れるレベルのイメージだった。

「ぼくたちに、もうモノは必要ない。」を読んでミニマリストというイメージ先行の実態を勉強することにした。

まだ最初のほうしか読んでないけど…。

ミニマリストってすげぇ

この本の最初のページに写真と解説が載っている。

それを見た瞬間、衝撃を受けた。

何もない部屋。

必要最低限というかそれ以下感。

本当に必要な物しか所有していないのだ。

「な、なんてこったい」という最近聞かない表現がピタリと当てはまる。

それ位、衝撃的だった。

ミニマリストを勘違いしていた

ミニマリストという言葉を聞いて、単に物が少ない人達だと思っていた。

整理整頓のできる几帳面な感じのイメージだった。

そのイメージが覆された。

その次元じゃねぇ…。

整理整頓すら必要ないほどに所有しているものが少ない。

僕は今いる部屋を見渡した。

不要なものが沢山目に付く。

あ、僕には無理だ。

瞬時に脳がそう判断した。

これ、子供いたら成立しなくね??って思った。

部屋に置いてあるオモチャを遠い目で見つめた。

でも、ミニマリストから学ぶべき点は沢山あると思う。

ミニマリストとまではいかないが、物を減らす努力はしていきたい。

そんな決意を静かにした。

必要なモノを3つ選んでみた

僕の現在の生活に欠かせない物を考えてみた。

衣服とかは考えずに、日々使っている物の中で厳選してみた。

iPhone(スマホ)

スマホ

もうこれないと不便すぎて死ぬ。

調べのもから買物、情報収集、コミュニケーション手段には欠かせない。

ほとんどの人が必需品第1位に選ぶと思う。

この大きさがちょうど良い。(5S)

レッツノート(PC)

レッツノート

スマホあればPCいらなくね?という考えだったけど、やっぱりPCは偉大。

文字入力はPCに勝るものはないと思う。

ネット見るだけならPCいらないけど、僕には必要。

一時期ほとんど使ってなかったけど、最近はガンガン使ってる。

ブログもこれで書いてます。

キータッチの感触が最高。

WHITE HOUSE COXの財布

WHITE HOUSE COX

結構使い込んでます。

外出する時は必ず持っていく。

財布とiPhoneは常にポケットに忍ばせる。

これも欠かせないアイテムだ。

iPhone、レッツノート、財布の3つがあれば、後は要らないかも。

でも、MacBook Proが欲しいという浮気心は丸出しだ。

不要なモノを3つ選んでみた

普段使ってるもので不要な物を考えてみた。

iPad Air

ipad

iPhoneより画面が大きく、 家にいるなら超便利。

でも、最近PC開いてるから、無きゃなくても困らない。

iPad買った時はPCいらねって思ってたけど…。不思議。

G-SHOCK(時計)

Gショック

仕事する時に付けてます。

時間の意識付けで買ったけど、無くても別に困らない。

時間を確認する手段としてみた場合、スマホで代替えが可能。

VIERA(テレビ)

テレビ

家族全体で考えると必須かもしれない。

けど、個人的には不要。

ほとんど見てない。

社畜だけに見る時間がほとんどないのだ。

それに、PCがあれば色んな動画も見れる。

ニュースならAbemaTVで十分だ。

ミニマリストになれるのか

最初に受けた衝撃が大き過ぎたこともあり、僕には無理だと拒絶反応を示した。

でも、必要なモノと不要なモノについて考えていくと無理でもないような気がしてきた。

まだ初めの部分しか読んでないともう一度言っておく。

ミニマリストのメリット、デメリットも理解していない段階だ。

それでも、この何もない状況こそが至高の空間であるという気がしている。

自分と向き合うためには、このライフスタイルを是非取り入れたい。

なんかミニマリストになれそうな気だけはしてきた。

あくまでも気だけだ。気だけだよ!気だけだかんね!

まとめ

僕は今すぐミニマリストにはなれない。

でも、将来おじいになった時、妻と一緒にミニマリストになっていたい。(願望)

そうすることでお互い向き合って生きていきたい。

毎月ZOZOTOWNで爆買いする妻に是非とも読んで欲しい。

「それ、必要?」

僕がこの一言を言うのには大分勇気がいらう。

ちょこちょこ届くダンボールの整理はウンザリだ…。

なんとかして読ませたい。

そう思った次第。

スポンサーリンク

アーカイブ