ねぶたの家ワ・ラッセ【青森市】ねぶたミュージアムに潜入。観光にオススメのスポットだったので紹介するよ

スポンサーリンク

こんにちは!ヅカです。

お盆休みに東京から姪っ子、甥っ子が襲来。息子と合わせて3人揃うとカオス状態で手が付けられない状況に。

ヅカ
こ、こいつらのスタミナは無尽蔵か・・・。

もう楽しくてしょうがないんだろうな(笑)

そんな無双状態のちびっ子3人を連れ、ねぶたの家ワ・ラッセに行ってきた。

 

ねぶたの家ワ・ラッセとは

”ねぶた”に家があったのは知らなんだ。

そして、ワ・ラッセという謎の名称。

ねぶたの掛け声である「ラッセラー」からとった「ラッセ」はイメージが湧くが、「ワ」については深読みせざるを得ない。

津軽弁でいう「わ」と言えば「私」という意味を持つが、”私のラッセラー”とかだったらさっぱり意味がわからない。

以前、イオンモールつがる柏が「WADONA(ワドナ)」という名称だった。

「ワ」は「私」、「ナ」は「あなた」で、”私とあなた”という意味だ。

ちなみに「ド」は訛りによって「と」に濁点がついただけ。

「ワドナ」という意味を知って、はぁ?って思っていた僕だが、この無駄知識のせいでワ・ラッセの「ワ」を「私」と深読みしてしまった。

尚、意味は違っていたw

「ワ・ラッセ」とは、ねぶたの掛け声である「ラッセラー」と「笑い」の他に、ねぶた祭での人と人の『和』や調和の『和』、また、ねぶたを通じた活動により育まれる市民の『環』をコンセプトとしております。

引用:青森市HP

 

スポンサーリンク


 

ねぶたの家ワ・ラッセに潜入

ワ・ラッセはJR青森駅の海手にあります。駅から余裕で歩いて行ける距離。

駐車場もあるので、車で行っても大丈夫です。確か最初の1時間は無料だったはず。

お盆期間だったけど、意外と空いていました。

入場料は大人600円とそこそこ高め。

一緒に行った姉(某旅行会社勤務)は、名刺を渡して「お世話になってます」と挨拶を交わし無料にしてもらっていた。

そんな手があるのか!と衝撃を受けた(笑)

姉曰く、色んなところで無料にしてもらっているらしい。裏山・・・。

姉の名刺を大量にもらえば、妻の分を色んなところでタダにできるのでは?というゲスい思考回路が働いたことは秘密です。。。

 

券売機のフロアにはこんなミニチュアが展示されていました。

すごい精巧な作りでおぉ!って思った。

 

ねぶたミュージアム内は見所が沢山

ここらから写真メインでいきます。

ねぶたの歴史が学べます。

1600年代から書かれてる。こういうのを見るとほんまかいな?って思うんだけど、概ね合ってるのかな?

タッチパネルで操作するとねぶたの顔が変わるやつ。

操作してないからよくわからないけど、ねぶた絵を順番に書いてく感じかな?結構人気のコーナーっぽい。

通路には金魚ねぶたが沢山。

なんか好き(笑)

金魚ねぶたのトンネルを抜けると、ねぶたの展示がされています。

薄暗い空間に展示されているので、ライトで照らされたねぶたが結構映えます。

ねぶたをバックに魔の三人衆。。。

太鼓やねぶたの展示が沢山。

ねぶた大賞を受賞したねぶた。

作り込みハンパねっす。

知事賞受賞したねぶた。

ちなみに青森県知事はのび太くんに似てる。。。

花笠をかぶって写真を撮ることもできます。

触れる展示物も。

壊さないか心配でした(笑)

壁一面にはねぶたの顔。

ねぶたの雰囲気を存分に味わえる空間でした。

ハシャギまくっていたちびっ子らも流石に疲れたようで、抱っこやら肩車やらで写真撮影はここで終了。

 

お土産コーナーには青森県土産が色々売っているので、観光の方は是非覗いていってください。

そして青森県にお金をいっぱい落としていってけろ〜。

ヅカ
予想以上に楽しかった。ねぶた祭りを見たことがない人は満足できるはず。ねぶたの家 ワ・ラッセおすすめだよ!

スポンサーリンク


 

ねぶたの家 ワ・ラッセ情報

住所
〒030-0803
青森市安方1-1-1

電話番号
017-752-1311

営業時間

画像引用:青森市文化観光交流施設

料金

青森駅から徒歩1分とアクセス良好。

新幹線で行く場合は、新青森駅で在来線に乗り換えして青森駅まで行く必要があります。

ヅカ
間違えないように気をつけてくださいね。
スポンサーリンク

アーカイブ