何も考えていないようで常に考えている。熟考による熟考で起こる弊害。

スポンサーリンク

油断大敵と言われても…

心外だが、僕はボ〜っとしている様に見られがちです。

でも、実際は常に何か考えています。

それはそれは考えていますとも。ええ…。

考えている顔が脱力感満載なのか、常に脱力顔なのか定かではないが、よく妻に「ちょっと聞いてんの?」と言われ、我に返る事があります。

ハッとするあの感じ。大げさに言うと心臓バクバク。

そして、考え事をしながらも聞いていた内容が、我に返った瞬間に飛んでいってしまう。

良くありますよね?こんな経験。

あぁ恐ろしい…。

何が恐ろしいって、「聞いてんの?」の問いに対する回答だ。

ここを間違うと引きずるんですよ。

もうね、ズルズルのズル〜。

 

回答を間違えるな

僕は確かに聞いていた。

しかし、内容が飛んで頭に残っていない。

聞いていたので「うん」とでも言おうか。

だがしかし!

妻からはかなりの確率で「なんて言ったか言ってみて」と言われる。

結果、「そ、そうだねぇ…あれぇだしぃ…あれぇが…」とシドロモドロになる。

よって、聞いてない!と怒られる。。切ない…。

では、仮に「ごめん、聞いてなかった」と言うとしよう。

聞いてたという真実を伏せ、侘びの言葉を入れつつ素直な回答だ。

きっとこれが正解だろう。これしかない。

「もう、しょうがないな〜」と許してもらえるはずだ。

甘い!

甘いぞ!星の王子様カレーより甘い!

そんな回答で済むはずがない。

どっちにしろ怒られるのだ。

男とはそういう宿命の元に生まれているのだ。

理不尽極まりない!

 

男と女は同じ人にあらず

逆の場合を考えてみよう。

男が女に「ちょっと、聞いてる?」と聞いたとしよう。

実際、話を聞いていなかったとしても、「うん、聞いてるよ」と言われれば、男はそう思って追及などしない。

実に単純な生物、それが男だ。

回答が「ごめん、聞いてなかった」だったとしても、男がその回答で怒ることはない。

謝罪があり、素直な回答だからだ。

理不尽!あまりにも理不尽!

もはや内容が飛んでいき、聞いていたという真実を証明できない自分を棚に上げ、ただただ理不尽と憤っている。

年始早々かなりの憤りようだ。

トランス状態でアドレナリンの分泌がやばいぞこれは!

この気持ち、どう処理してやろうか?ん、ん~??

こんな事を考えていた時、「ちょっと、聞いてる?」という声が聞こえてきた。。。

あぁ気絶したい…

 

スポンサーリンク

アーカイブ