ウェルスナビと投資信託(セゾン投信、ひふみ投信)へ積立投資を検討中。資産形成は早く始めた方が複利効果を享受できるよ!

スポンサーリンク

こんにちは!ウェルスナビや投資信託にも手を出そうとしているヅカです。

積立投資って期間が長ければ長いほどリスクが少なく、複利の効果で資産が雪だるま式に増えるというのにいまだ躊躇しています。

ヅカ
これにはちゃんと理由があります。

 

ウェルスナビや投資信託を躊躇している理由

スポンサーリンク


一番の理由は個別株の方が儲かりそうだから。

ウェルスナビや投資信託は毎月積み立てておけば、勝手に運用してくれるっていう優れものなんですが、如何せん大きく利益を出すのが難しい。

良くも悪くも、リスクを抑えつつ手堅く利益を取りに行くスタイルなんです。

僕もお金持ちなら、手堅くウェルスナビや投資信託に資金を振り分けるんですが、如何せん資金が限られているため個別株への投資で手一杯。

それでも、資金の一部を個別株からウェルスナビや投資信託に振り分けて積立投資をしていこうかなと企んでいます。

 

なぜ個別株⇨ウェルスナビ、投資信託にするのか

個別株の方が儲かりそうって事で、自分で応援したい企業の株を購入していますが、実はあんまり頻繁に売買していません。

以前は株価の上下に合わせて売買していたんですが、あんまり利益が出なかったんです。

そこで、応援したい企業の株をとことん持ち続けるスタイルにしました。

株価が上がっても下がっても買ったらホールド。

その結果、相場が好調という影響もあって含み益が1,000万を超えました

で、思ったんですが、相場が悪かったらどうなったのか。

逆の結果になったのでは?

たまたま相場が好調で持ち続けた結果、含み益が増えた

相場が不調なら含み損が増える。。。

ヅカ
これ、やばくね??

相場環境が悪ければ、ウェルスナビや投資信託も含み損が出てきますが、そこは積立投資。

相場が悪い時は仕込みの時期として機能するので、長期的に見ると沢山仕込めてお得な期間になるんです。

極端に言うとずっと相場が低迷してた方が良い。

で、売るときに相場環境が好転していれば大きな利益が出ます

個別株は相場に対するリスクが大きくなるため、積立投資でリスクを減らそうって事でウェルスナビや投資信託に投資しようと思っています。

 

毎月いくら積立投資するのか

僕は毎月40,000円を企業型の確定拠出年金に積立しています。

個人型の確定拠出年金(iDeCo)もやろうかなと本社に問い合わせしてみたら、なんとiDeCo(イデコ)は企業型の確定拠出年金に加入しているとできないという回答でした。(企業によっては併用を認めていないところもある)

ヅカ
なぬ?
国で企業型と併用できるって言ってるのに会社が拒否?

そう思ったものの、60歳までもらえないのも微妙だなと思ったので、素直に引き下がりました。

企業型の確定拠出年金を増額すれば済むとも思ったので。

 

妻はこれからSBI証券でiDeCo(イデコ)に毎月12,000円を積み立てる予定です。

資料請求してから申し込みまで3ヶ月位かかった ので検討中の方は早めに行動した方がいいですよ。

その他、妻が”みちのく銀行”で毎月10万を定期預金に積み立てしています。

ヅカ
銀行に積立貯金とか謎すぎる。。。

利息とかゴミなのに・・・。

よって、合計すると毎月152,000円を積立していくことになります。

結構な額ですね。

ただ、10万は積立てと言ってもただの貯金ですけど。。。

この他にウェルスナビと投資信託に積立しようと思います。

キリよく毎月20万の積立を目指したいところですが、さすがに厳しいので毎月18万を積立しようと思います。

現在との差額は180,000−152,000=28,000円

これなら配当金でほとんど賄えそうなのでなんとかいける。

 

ウェルスナビと投資信託の配分比率

ウェルスナビに10,000円で投資信託に18,000円を積立していこうと思います。

積立金額は多少変更になるかもしれませんが、概ねこんな感じの金額を突っ込む予定。

どのみち大きくは勝てないと思うので、リスクヘッジとしての役割です。

個別株のみだと下落時にダメージ大きいですからね。

ヅカ
ほぼ株式への投資でリスクヘッジになっていない感じだけど、個別株のみよりリスクが低い。
リスクを取りつつ、リスクを軽減という感じ。

 

投資信託は何に積立投資するのか

スポンサーリンク


今考えているのは、セゾン投信とひふみ投信。

セゾン投信は”セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド”と”セゾン資産形成の達人ファンド”へ半分ずつで考えています。

”ひふみ投信”と”ひふみプラス”は迷いましたが、長い期間積立するのであれば”ひふみ投信”の方が手数料が安くてお得になります。

よって、セゾン投信2種類&ひふみ投信へ積立していこうと思います。

投資信託の種類が多過ぎて、投資先や手数料を考えると迷ってしまいますが、初めて投資信託を購入するのであればこの3種類がオススメですね。

 

まとめ

今まで個別株のみ(確定拠出年金除く)へ投資してきましたが、リスクを減らすために分散投資 をします。

ロボアドバイザーのウェルスナビセゾン投信、ひふみ投信への積立投資により、日本株中心の投資から世界中の株式や債券へ分散投資が可能になる。

積立投資による時間的なリスク分散、世界中の株式や債券へのリスク分散により、相場環境が悪化した際のリスクヘッジとなる。

リスクを取りがちな僕には、”個別株⇨ウェルスナビ、投資信託への積立投資”が最善だと思います。

個別株で得た配当金を積立投資の原資として利用し、個別株の売買で得た利益は再投資により更に配当金を増やし、積立投資の金額を増額できるようなサイクルを目指したい

数年後、資産がどうなっているか楽しみです。

ヅカ
積立投資を検討中の人に読んで欲しい本2冊だよ!
スポンサーリンク

アーカイブ